MENU

弛緩性便秘の解消法

痙攣性便秘の解消方法を紹介したいと思います。痙攣性便秘は腸の働きが強いために起こるのが原因ですが、この便秘の原因は食生活の栄養バランスが偏っていることや日常生活でのストレスも原因だといわれています。痙攣性の便秘を治す方法ですが、まずはこの原因の一つ目の食生活の栄養バランスの偏りを解消しましょう。食事の量も少なからず多すぎずバランスよく食べて、食べる回数もきちんと三回、規則正しい時間に食べるようにするといいと思います。栄養バランス面から考えて便秘には食物繊維が必要ですから食物繊維を沢山含んでいる食品を出来るだけ摂取するようにしましょう。

 

そして二つ目の痙攣性便秘の原因にもなっているストレスですが、ストレスをためないことが痙攣性便秘の解消につながります。ストレス解消をしてみたり何か趣味を見つけ利するとストレス解消になって便意も解消されると思います。痙攣性便秘の時には下剤を使って便秘の解消をしようと思うと効果があらわれないので、使わないようにしましょう。痙攣性便秘の場合はただの便秘と違ってストレスも関係していますから少し病院で相談してみたり、医師の処方した薬を使うなどして何らかの対処が必要になってくるケースもあります。

朝食と便秘

 

朝食と便秘についてですが朝食をきちんと毎日食べるというのは便秘にとても効果があるといわれています。朝食は朝にはじめて食べる食事だと思います。空腹の体に食べ物が入ることで、腸が働き始め、便意を感じます。これが正しい腸の働きで、この状態で生活している人にとっては便秘は無関係だと思います。しかし、最近では朝食を食べない人が増えているといわれています。朝食を食べないということは腸が働かないまま一日のスタートをさせるわけです。そうなってしまうと出るものも出ないまま仕事や学校へ行くことになって便秘になりやすいですよね。そして仕事先や学校で便意を感じて我慢する人が増えています。そうなると便意を感じても我慢することが多いと便秘になってしまいます。

 

たかが朝食を食べなかっただけで・・・と思う人もいるかもしれませんが、朝食を食べなかったことで便秘になる環境を自分で作っているのではないでしょうか。朝食をきちんと毎朝食べて、朝食の後に、15分から30分くらいしてからトイレにいって、便意がなくてもトイレに座って排便をする習慣をつけるようにすれば便秘知らずになると思います。朝食は必ずとって便秘解消、便秘予防に努めましょう。

便秘解消とビフィズス菌

 

便秘にはビフィズス菌が良いと聞いたことがよくありますが、ビフィズス菌って何でしょうか?ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれているのですがこのビフィズス菌がなぜ便秘に効果があるのか紹介したいと思います。その理由に、例えばお年寄りの人というのは便秘になりやすいといわれていますが、お年寄りの腸の中を検査するとビフィズス菌が5パーセントしか存在していなかったそうです。ビフィズス菌というのは腸の中に住んでいる細菌の種類の善玉菌なのですがそれが少ないということは悪玉菌が増えていてこれが便秘の原因になって腸の動きを抑えていると考えられますよね。ですから腸の働きをヨクして腸の中に含まれている善玉菌を増やすことで腸は活発に働いてくれますからそうしなければいくら食物繊維を沢山とっても便秘になってしまうのです。ですから出来るだけヨーグルトなどを食べてお腹の中の善玉菌を増やすようにして便秘解消に努めなければなりません。

 

ヨーグルト以外にも、最近ではビフィズス菌が含まれている飲み物などもありますから手軽にビフィズス菌を摂取できるようになりました。便秘を根本的に改善したいと思っている人はビフィズス菌を毎日でもとるように気をつけると良いと思います。